ニュースNEWS

被爆75年 長崎原爆の日

2020年08月09日

長崎は9日、被爆から75年となる原爆の日を迎えました。平和公園で営まれた平和祈念式典は、新型コロナの影響で遺族や被爆者らの代表や安倍総理大臣、68カ国の大使など招待者のみ、参列者は例年の10分の1の約500人でした。原爆死没者名簿は新たに3406人が奉安され、累計は18万5982人となりました。平和宣言・田上長崎市長:「炭素のように黒焦げとなり、丸太のようにゴロゴロと瓦礫の中に転がっていた数知れぬ屍体…」平和宣言で田上市長は被爆者の故木野普見雄さんの手記を引用し、被爆直後の惨状を伝えました。また「体と心の痛みに耐えながら、つらい体験を語り、世界に警告を発し続けてきた被爆者に、心からの敬意と感謝を込めて、拍手を送りましょう」と呼び掛け、会場から拍手が沸き起こりました。各国の指導者には「対話」による「信頼」の構築を、若い世代には「コロナも核兵器もみんなが当事者」と呼び掛け、日本政府と国会議員には、核兵器禁止条約の署名・批准を求めました。合唱は、間隔の確保のため出場できるのは24人だけ。山里小の児童たちは、平和宣言に手記が引用された木野普見雄さん作曲の「あの子」を。純心女子高校の生徒たちは、被爆50周年の記念合唱曲「千羽鶴」を歌い、式典は幕を閉じました。被爆者の下平作江さん(85)は「子どもたちの歌声を聞いて、生きていて良かったなと実感しました」と話しました。参列した木野普見雄さんの長男隆博さん(70)は「何かの機会にこの音を口ずさんでいただいて、長崎の原爆のことについてちょっとでも話してもらえれば。この歌が永遠に歌い継がれる意味があるのかな」と話しました。式典の終了後、平和公園の入場規制が解かれ、市民らが次々と訪れて原爆の犠牲者に祈りを捧げていました。