ニュースNEWS

長崎県内の路線価

2020年07月01日

長崎税務署が相続税や贈与税の算定の基準となる今年の路線価を発表しました。路線価は毎年1月1日の時点で評価した道路1平方メートルあたりの価格を公表するものです。県内の最高路線価は長崎市の浜市アーケードで1平方メートルあたり76万円です。去年より1万円高く3年連続で上昇しています。外国人宿泊客など観光による商況の下支えが上昇の要因とみられます。都道府県別では去年から順位を1つ落とし全国20位でした。県内のほかの税務署管内の最高路線価は佐世保や諫早、平戸、厳原で横ばい、島原、福江、壱岐で下落しました。