ニュースNEWS

赤羽国交大臣が長崎駅視察

2020年06月25日

赤羽国土交通大臣が長崎入りし、九州新幹線長崎ルートの整備状況などを視察しました。赤羽大臣はコロナで打撃を受けた観光関連事業の視察のため23日から九州を訪れています。中村知事との意見交換では25日の大雨に触れ、災害に強い新幹線の整備を進める重要性を強調しました。長崎県や与党はフル規格での整備を目指していますが、費用負担などをめぐって佐賀県が反対しています。赤羽大臣は「ネットワークを引くメリットは10年20年経てば差は歴然としてしまうと思っておりますので佐賀には中長期的視点に立って社会資本整備の重要性をご理解いただけるように取り組んでいきたい」と話しました。長崎ルートは武雄温泉駅で特急に乗り換えるリレー方式で2022年度に暫定開業の予定です。