ニュースNEWS

長崎県が約410億円のコロナ関連補正予算追加上程

2020年06月23日

県は医療従事者への慰労金など新型コロナ関連の支援や対策に410億円余りの補正予算案を追加上程しました。医療機関や介護施設で働く職員を対象にした慰労金に81億9000万円を当て、勤務日数や患者との接触度合に応じ、一人当たり最大20万円を支給します。また67億8700万円で県内の医療機関約3000カ所への院内感染防止や診療体制確保の取り組みを支援します。このほか1泊5000円を補助する誘客促進キャンペーンに5億円を追加し、宿泊補助を14万泊分から24万泊分に増やします。収入が減少しているひとり親世帯には一世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を支給します。国の第2次補正予算を踏まえた今回の補正予算。410億円はリーマンショック以来の規模です。補正後の一般会計予算は前年より13.6%増え、約8080億8000万円です。