ニュースNEWS

スーパーが飲食店にスペースを無償提供

2020年06月23日

コロナ禍でテイクアウトを始めた飲食店を支援しようとスーパーが販売スペースを無償で提供しています。佐世保市に本社を置く地場大手スーパーエレナは県内外合わせて26店舗の「エレナ」と「なかよし村」の店頭を出店スペースとして飲食店に無償で提供しています。エレナ五番街店の大渡啓介店長は「地元の飲食店にエレナとしてお手伝いできないかとの思いがあり、スペースを一部無償で提供している」と話しました。エレナ五番街店ではこの日、レモンステーキ専門店とカレー専門店の2店舗が出店スペースを利用しました。カレー専門店「ゴーゴカレー長崎佐世保スタジアム」の企画担当・鈴木浩子さんは「エレナは地域密着型の店なので、いろいろなお客様に触れ合う事ができる。販売スペースを無料で提供していただくのは飲食業界にとってもすごく助け船になっていると思う」と話していました。エレナ五番街店の大渡啓介店長は「通常ここでは買えない商品をランチとして食べられるのですごく好評」とスーパー側にもメリットがあると話していました。エレナは6月末まで販売スペースを提供するということです。