ニュースNEWS

【長崎】江迎千灯籠まつり コロナ禍で中止に

2020年06月12日

コロナ禍でまたひとつ市民の楽しみが減ります。県北の夏の風物詩「江迎千灯籠まつり」の中止が決まりました。まつりは例年8月23日と24日、約3500個の灯籠をあしらった高さ25メートルの幻想的なタワーや花火大会などでにぎわい、県内外から約5万人が訪れます。主催する実行委員会が5日に役員会で決めました。長谷川才造本部長は「知る限り中止は初めて。来場客で『密』になり、特にソーシャルディスタンスを守れるか不安だった。残念だがやむを得ない」としています。また同時に開催され、500年以上続く「水かけ地蔵まつり」も中止となりました。