ニュースNEWS

夏の甲子園中止決定 長崎県内の球児たちは

2020年05月20日

新型コロナウイルスの影響が各地で広がるなか、8月に開催予定だった夏の甲子園の中止が決まりました。日本高野連はきょう、運営委員会を開き、8月10日に開幕予定だった夏の甲子園大会の戦後初の中止を決めました。これまで春2回、夏は7回甲子園に出場した長崎商業。選手たちは甲子園大会の開催を信じて夕方まで練習を続けていました。選手たちを前に長崎商業高校の西口監督は「夏の全国大会中止ということで発表がありました。本校野球部にとったら今年総部100周年という節目の年でした。3年生を中心に万全の状態で準備を進めていただけに本当に残念でなりません。3年生よく聞いてください。ひとつだけお願いがあります。君たちが毎日積み重ねてきたものは、ひとつも無駄はありません。その積み重ねてきたものは君たちの財産です。その財産を生かしてこれからの目標実現に向けて力いっぱい前に進んでいってください」と話しました。小さい頃から目標にしてきた大舞台が消えたことに選手たちはショックを隠せません。相川主将は「3年生までしか追えないう限りある夢を追っていたんですけど、それが今日失われて本当に悔しいです」と話しました。堺直孝選手(3年)は「夢がなくなって悔しい。甲子園という素晴らしい舞台の偉大ささを改めて感じました」と話しました。一方、出場権を得ていたセンバツに続き甲子園大会の目標が消えた創成館高校の稙田監督は「実際こうなるとショックは大きい。甲子園だけを目指してやってきた3年間ですから、これがなくなるということは私も経験ないから、こればかりは何を言っても説得力がないということになりますので、早く立ち直ってほしいとしか言えません」と話しました。甲子園大会の中止に伴い全国49の地区大会の中止も決定しましたが、長崎県高野連は22日、3年生を中心とした代替大会について運営委員会を開き協議することにしています。県高野連西田哲也会長は談話を発表し「『甲子園は目標であり、日々の鍛錬での人間形成こそが目的である。』皆さんの日々の努力はかけがえのないものとして心の中に残っていきます。今はつらいでしょうが、顔を上げ、前を向き、次のステップへの新しい一歩を踏み出して下さい」とエールを送っています。