ニュースNEWS

錦殺人事件「はしご」で窓から侵入か

2020年05月12日

長崎市錦の市営住宅で真夜中に金づちで頭を殴られ女性が殺害された事件。警察は逮捕した男がはしごを使ってベランダに上がり、窓を割って部屋に侵入した可能性もあるとみて調べています。森洋介記者:「殺害された田平さんの部屋です。ベランダに面した窓の鍵の部分が割れているのが確認できます」。長崎市錦3丁目の市営中河内住宅1階に住む78歳の無職の男は7日午前0時10分ごろ、2階の田平静子さん(81)の自宅に侵入し、金づちで頭を複数回殴り殺害した疑いで逮捕・送検されました。警察が駆け付けた時、田平さんの部屋の玄関の鍵は締まり、ベランダの窓の鍵は開いていました。近隣住民によると男は日頃から市営住宅の周辺の樹木の剪定などをしていて「はしご」を所有していたということです。警察は男がその「はしご」を使ってベランダに上がり、窓を割って鍵を開け侵入した可能性があるとみています。男には精神疾患があり責任能力の有無も含め慎重に調べを進めています。