ニュースNEWS

集団感染のクルーズ船の陰性乗員あすから帰国

2020年05月02日

三菱重工長崎造船所香焼工場に停泊中のクルーズ船で新型コロナの集団感染が確認された問題で検査が陰性だった乗員の帰国が3日から始まります。クルーズ船コスタ・アトランチカの乗員で検査が陰性だったのは475人です。運航会社や国などは3日以降、全日空のチャーター機でインドネシア国籍の乗員から帰国させるよう調整しています。インドネシア国籍で陰性の乗員は61人で、そのうち船の維持に必要なエッセンシャルクルーが16人含まれています。最終的な搭乗人数は決まっていません。下船する際には県のサーモカメラで体温を確認します。空港までは県交通局などの貸し切りバスに分散して乗車するということです。