ニュースNEWS

【長崎】コスタ・アトランチカ 新たに14人が陽性

2020年04月23日

三菱重工長崎造船所香焼工場に停泊しているイタリアのクルーズ船「コスタ・アトランチカ」の船内で新たに14人の新型コロナ感染が確認されました。これで乗員の感染は合わせて48人となりました。コスタ・アトランチカでは20日に乗員1人の新型コロナ感染が判明、22日、濃厚接触者ら33人の陽性も確認されていました。県などは船の運営に欠かせない「エッセンシャルクルー」130人の検査を優先的に実施しています。22日に検体を採取した66人の結果が未明に判明し14人の陽性が新たに確認されました。中田勝己福祉保健部長は「この14名の内訳については7人が食事を作られる方、残りの7人が食事を運ぶ方」としています。残りの52人は陰性でした。陽性の14人に重い症状はないということです。また既に陽性が確認され、22日市内の感染症指定医療機関に入院した40代の男性乗務員の容体が悪化し、現在、人工呼吸器を装着していることも明らかにしました。