ニュースNEWS

【長崎】停泊のイタリア客船で新たに乗員33人陽性

2020年04月22日

長崎市にある三菱重工業の長崎造船所に停泊しているイタリアのクルーズ船内で新たに33人が新型コロナウイルスの陽性と確認されました。「コスタ・アトランチカ」は長崎造船所の香焼工場で2月20日から3月25日まで修繕工事をしていました。そのあといったん洋上に出て物資の補給などのため4月1日に戻り、停泊しています。20日、外国籍の乗員1人が新型コロナの陽性と確認され、その濃厚接触者ら57人を検査した結果、33人が陽性、23人が陰性、1人が判定保留となりました。重症化した人はいません。クラスターが発生したとしています。長崎県は先月13日に乗員の乗り降りの自粛を要請しましたが14日以降、国外から10人前後が乗り込んでいたことが分かっています。厚労省のクラスター対策班とDMATの医師らが医療活動を支援しています。長崎県は自衛隊の災害派遣を要請する方針です。