ニュースNEWS

ユーグレナとORCが資本提携へ

2017年11月29日

離島便などを運行するORC=オリエンタルエアブリッジがベンチャー企業と資本業務提携を結びます。ORCとの資本業務提携を発表したのは東京に本社を置くバイオベンチャーの「ユーグレナ」です。藻の仲間であるミドリムシを原料に健康食品や美容商品を手掛けています。ユーグレナは東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までにミドリムシを使ったバイオジェット燃料によるエコフライトを目指しています。これが実現すればORCの機材にも導入される予定で、地方航空初のエコフライトが実現する見通しです。ORCは先月から福岡‐宮崎間の新規路線の運航を開始をした一方で、離島の人口減少などの影響で業績が厳しく、昨年度の決算は約4億円の経常損失を計上。国や県の補助金を受け経営を維持してきました。今回の、資本業務提携で経営基盤の安定と利用客の増加をねらう考えです。ユーグレナの航空会社への出資は初めてで、来月中に株式を取得しORCの第3位株主となる予定です。