ニュースNEWS

【長崎】長崎市立中学校の部活指導員を懲戒免職

2021年11月25日

長崎市民会館の更衣室で約10万円を盗んだとして長崎市立中学校の部活動指導員を市教委が25日付で懲戒免職処分にしました。処分を受けたのは長崎市の会計年度任用職員の24歳の男性で去年11月から長崎市立中学校の運動部の部活指導員として勤務していました。男性は今年9月22日と10月5日、8日に長崎市民会館6階の更衣室で大学生3人のバッグなどから合わせて10万8504円と1万円相当の財布を盗み、先月27日に窃盗の疑いで逮捕されました。今月略式起訴され20万円の罰金刑となっています。被害者には全額返済し直接謝罪しました。長崎市教委は「非正規職員であっても公務中・公務外に関わらず公務員としての自覚と責任を持って行動する必要があることをしっかり指導し、不祥事の再発防止に取り組んでいく」としています。