ニュースNEWS

高校野球長崎大会準々決勝 長崎商VS諫早農

2021年07月23日

夏の甲子園を懸けた高校野球長崎大会。準々決勝2試合が行われ、ベスト4が出そろいました。23日も手に汗握る熱いドラマが繰り広げられました。春とNHK杯優勝の第2シード長崎商業。2枚看板がチームを引っ張ってきました。140キロ以上の速球が武器のエース・城戸とサイドからキレのあるボールを投げ込む背番号10田村。甲子園まであと3勝。準々決勝の相手は、第7シード諫早農業です。長崎商業の先発は城戸。しかし立ち上がり、制球が定まりません。ツーアウトからデッドボール。そして、諫早農業4番谷口。センター前に運ばれ、3塁1塁となります。このピンチでワイルドピッチ。諫早農業に先制を許します。さらに諫早農業5番本田。タイムリーツーベース!城戸は1回に3点を許します。3回に1点を返し2点差となった4回。チャンスでバッターボックスに立ったのは、城戸。自らのバットで1点差に詰め寄ります。5回に同点に追いついた長崎商業は6回から田村をマウンドに送り出します。6回は気迫のピッチングで3人に抑え、チームに勢いを与えます。試合は3対3の同点で9回ウラへ。長崎商業は2本のヒットなどでノーアウト満塁。サヨナラのチャンスをつくります。ここで打席に向かうのは6回から好投してきた田村がサヨナラ打。苦しいゲームをものにした長崎商業。城戸と田村。2人の夏は続きます。2人は「2人でこのチームが勝てるピッチングをして守備が守ってくれてありがたさを感じて投げていきたい。準決勝・決勝はきょうよりも1点もやれないピッチングをしないと勝てないと思うので2人で最少失点でやっていきたい」と話しました。