ニュースNEWS

【長崎】国民・玉木代表が長崎市で長崎1区応援演説

2021年07月22日

秋に見込まれる衆院選をめぐり、国民民主党の玉木雄一郎代表(52)が長崎市で応援演説を繰り広げました。支持母体の「連合」が毎年ボランティアで実施している「平和の泉」の清掃に合わせ、22日朝、長崎入りした玉木代表。組合員やロータリークラブの有志ら約70人と泉を清掃し、平和祈念像に花を手向けました。秋までにある衆院選長崎1区には、党の現職西岡秀子議員(57)が立候補を予定しています。玉木雄一郎代表は演説で「正直な政治。本当に国民、市民に寄り添う政治。そんな当たり前の政治に変えていくために、ぜひ長崎市民の皆さんの力をお貸しいただきますよう長崎市民の皆さんに訴えたいと思います」と呼び掛けました。また「我が党としても1区は党の存亡を懸けた、それくらい絶対に落とせない小選挙区で党の総力を挙げて取り組んでいきたい」と話しました。長崎1区には自民党長崎県連が擁立する初村滝一郎さん(41)と共産党長崎県委員会女性部長の安江綾子さん(44)も出馬する予定です。