ニュースNEWS

【長崎】県高総体ラグビー決勝 北陽台対南山

2021年06月11日

長崎県高総体最終日、ラグビーとサッカーの決勝が行われました。ラグビー決勝は4大会連続で同じ顔合わせの長崎北陽台対南山。北陽台は前半3分、永田の独走トライで先制すると怒涛の攻撃を見せます。20歳以下の日本代表候補のスクラムハーフ川久保。さらにその川久保のキックパスから2年生ウイング亀川。多彩な攻撃で前半7トライ、コンバージョンゴールも全て決め、49対0で折り返します。一矢報いたい南山は後半19分に寺田が飛び込み、トライを奪いますが、反撃もここまで。北陽台、盤石の試合運びで3大会連続19回目の優勝です。長崎北陽台の川久保瑛斗選手(3年)は「自分たちの目標である(花園で)全国制覇を果たせるようにやっていきたい」と話しました。