ニュースNEWS

【長崎】九州北部が梅雨入り

2021年05月15日

 福岡管区気象台は、長崎県を含む九州北部が梅雨入りしたとみられると発表しました。1951年の統計開始以降2番目に早い梅雨入りです。
 九州北部は、前線や湿った空気の影響で雨が降っている所が多く、県内でも雷を伴った雨が降っています。今後も向こう一週間は、低気圧や前線、湿った空気の影響で雨やくもりの日が続く見込みで、福岡管区気象台は「九州北部が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年より20日、去年より27日早い梅雨入りで、5月中旬の梅雨入りは1991年以来30年ぶりです。1951年の統計開始以降、1954年の5月13日ごろに次ぐ2番目に早い梅雨入りです。
 長崎地方気象台によると、県内では前線の影響で17日にかけて大雨となる恐れがあります。降水量は多い所で16日の正午までで1時間に40mm、24時間雨量は100mmの予想です。気象台は県内全域に雷注意報、南部、五島に大雨注意報、北部に強風注意報を出し、土砂災害や落雷、低い土地の浸水に注意するよう呼び掛けています。