ニュースNEWS

【長崎】新型コロナ新たに50人の陽性確認 長崎市田上病院のクラスター50人に達す

2021年05月09日

 長崎県内で9日に発表された陽性者は長崎市で30人、佐世保市で9人、諫早市で3人、大村市で2人、島原市で1人、五島市で5人の計50人。

  長崎市では10代から80代超までの男女30人(前日比-3人)の陽性者が確認された。うち初発は7人。過去の感染者の接触者等が23人。
5月4日にクラスターが公表された田上病院で新たに3人の感染を確認し感染者は50人(病院スタッフ30人、患者20人)となった。

  初発事例では長崎市の30代男性が7日に接触者等として検体採取し8日に陽性確認。接触者等ながらも市は他との関連が確認できないため初発に含めるとしている。軽症・中等症で接触者等13人を検査予定。
ほか初発事例は80代無職男性と60代無職男性3人、20代男性会社員は4月29日以降休みで5月6日に医療機関を受診し抗原検査で陽性、8日にPCR検査で陽性確認。50代男性会社員は4月28日、30日、5月5日、6日は勤務し、4月29日、5月1~4日は休み。6日に医療機関を受診し抗原検査で陽性判明、8日にPCR検査で陽性確認。いずれも軽症・中等症で接触者等を調査中。

  佐世保市では10歳未満の未就学の女児が感染した。症状はなく濃厚接触者等もいない。1日に37.9℃の発熱後自宅で過ごし8日に陽性と判明した30代女性会社員の濃厚接触者。

諫早市では10代の男子学生と30代の女性医療従事者2人の陽性が判明した。3人とも軽症・中等症。

大村市では県外陽性者関連の20代技能実習生の男性の陽性が判明。軽症・中等症で接触者5人を特定し検査を調整中。

島原市では島原振興局の20代女性が感染した。県内陽性者関連で微熱や咳など軽症・中等症。県によると発症前14日以内に県外訪問や県外の人との接触はなく会食もしていない。5月1日以降は出勤しておらず、職場で県民と接していないという。濃厚接触者等は調査中で、執務室等は消毒済み。

五島市では新たに5人の陽性が確認された。全員県内陽性者関連で10歳以下の女児が2人いる。長崎県内の感染者の累計は2479人となった。