ニュースNEWS

【長崎】自民党県連「まん延防止措置」適用申請要望

2021年04月30日

自民党長崎県連は30日、中村知事に対し、感染者が増えている長崎市への「まん延防止等重点措置」の適用を国に求めるよう要望しました。自民党長崎県連の山本啓介総務会長は「コロナ禍で2年目の大型連休、これまで用意した対策で乗り越えられるのか。行政側からしっかりした対策を打ち込んでいただきたい」と述べました。要望は国に長崎市へのまん延防止措置を求めることのほかクラスターが多発する思案橋・銅座地区の飲食店の一斉PCR検査、コロナ病床の確保、県外由来の感染を防ぐため、駅や空港、離島の港での抗原検査体制などです。中村知事は「前向きに検討する」と答えました。