ニュースNEWS

【長崎】県内で新たに27人がコロナ感染 1人死亡

2021年04月29日

ゴールデンウィーク初日の29日、長崎県内では4市1町で27人が新型コロナに感染したことがわかりました。県はゴールデンウィークを集中警戒期間として、人と人の接触機会を減らすよう呼び掛けています。新規感染者27人中21人を占めるのが「非常事態行動」を呼び掛ける長崎市で、ほか佐世保市で3人、大村市、平戸市、時津町でそれぞれ1人が感染しました。長崎市ではクラスターが起きている介護施設で新たに関係者1人の感染がわかり計12人に。同じくクラスターが起きている船大工町のカラオケ喫茶「すずめ」でも新たに1人の感染が判明し計10人になりました。一方、関係者1人が感染していた市立中学校は検査対象者全員の陰性が確認され、30日から通常登校に戻ります。長崎県内の感染者の累計は2057人となりました。また県は諫早市で入院治療中だった80代の男性が27日亡くなったと発表しました。県内の新型コロナによる死者は41人となりました。