ニュースNEWS

【長崎】県内ララ全店で熊本復興支援の産品販売

2021年04月08日

「前震」と「本震」、震度7を2度記録し、長崎県内も「5強」の揺れに襲われた熊本地震から14日で丸5年です。生活協同組合ララコープのスーパーでは8日から熊本の商品を販売する復興支援活動が始まりました。熊本のために「何かやれることはないか」という職員たちの思いから生まれたこの活動も今年で5回目です。店内に熊本の県産品を販売する特設コーナーを設け、お菓子や豚骨ラーメンのほか、3月に天守閣の復旧工事が完了した熊本城をかたどった最中(もなか)などを販売しています。毎年訪れる人や、初めて訪れる人、幅広い世代の人に支援され、この活動は続いています。ララコープは他にも職員が被災地へ行き、避難所や仮設住宅などで炊き出しをして「長崎ちゃんぽん」を提供するなど復興支援活動を続けてきました。ララ矢上の松尾泰士店長は「困った方の所、被災地の方にもしっかり寄り添っていくというのがララコープの使命になりますので、引き続き継続させていただけたらと思います」と話しました。熊本の復興を応援する商品の販売は16日まで長崎県内にあるララコープの9つのスーパー全店で実施します。