ニュースNEWS

嘉代子桜の苗木を長崎市に寄贈

2021年03月29日

平和への願いが込められています。城山小学校に咲く嘉代子桜の苗木が長崎市に寄贈されました。
苗木を贈ったのは城山小の原爆犠牲者を慰霊する「城山小学校原爆殉難者慰霊会」です。市役所で田上長崎市長に苗木10本を贈りました。嘉代子桜は、16歳で原爆の犠牲となった林嘉代子さんをしのび、母・津江さんが城山小の校庭に植えたもので、毎年満開の花が子どもたちに平和の尊さを伝えています。城山小学校原爆殉難者慰霊会の本田魂会長(77)は「どうして城山小学校に嘉代子桜があるのかということ、原爆の恐ろしさを知ってもらえれば」と話しました。嘉代子桜に込められた平和への思いは、長崎市内の各小中学校に受け継がれます。