ニュースNEWS

【長崎】春の火災予防運動 ホテル提携駐車場で訓練

2021年03月02日

3月1日から7日まで全国一斉の「春の火災予防運動」です。長崎市のホテルで火災を想定した訓練がありました。長崎市大黒町のホテルウイングポート長崎の提携駐車場で行われた訓練には、消防隊員10人とホテルの従業員2人が参加しました。立体駐車場の車から出火した想定で、ホテルの従業員が通報の手順などを確認しました。また東京などで発生した不活性ガス消火設備の誤作動による死亡事故を受けて、設備の注意喚起を行いました。長崎市中央消防署の永田真也消防指令は「不活性ガス消火設備が作動すると酸素濃度が低くなって人体に影響が及びますので、近寄らない、近づかないというところが重要になってくるかと思います」と話しました。長崎市消防局管内では今年24件の火災が発生していて、2人が亡くなっています。