ニュースNEWS

【長崎】県議会一般質問始まる

2021年03月02日

長崎県議会一般質問が始まり、新型コロナによる経済的影響についての質問が相次いでいます。自由民主党の坂本智徳議員は、県内で新型コロナの影響で解雇された人がどのくらいいるのか尋ねました。産業労働部長は、長崎労働局によると2月19日時点で累計1140人が解雇されていると答弁しました。業種別では解雇者が多い順に製造業が370人、宿泊・飲食サービス業が209人、卸小売り業が193人となっています。県は、国の助成金を活用しながら、県独自の施策として離職者を新たに雇用した県内中小企業への助成や、成長分野の企業が行う離職者採用時の人材育成などを支援していくとしています。