ニュースNEWS

5人犠牲の長崎市グループホーム火災から8年

2021年02月08日

高齢の入居者5人が犠牲となった長崎市のグループホーム火災から8日で8年です。8日午前、長崎市東山手町の火災現場に遺族が訪れ、花を手向けて静かに手を合わせました。8年前のきょう、認知症高齢者グループホームの部屋に置かれたリコール対象のTDK製の加湿器から出火し、入居していた高齢者5人が死亡しました。叔母が犠牲になった飯田光一さん(63)は、「おととしに7回忌をしてまた新たに叔母の無念さを感じて、その上に母も去年亡くなり母も認知症で施設に入っていた。誰がいつ施設に入るか分からないし風化させては絶対いけないと私は思う」と話しました。