ニュースNEWS

五島市社会福祉協議会で介護職員2人目の感染

2021年01月24日

五島市社会福祉協議会は、訪問介護に従事する職員が新型コロナに感染したと公表しました。感染が判明したのは五島市社会福祉協議会富江支所に勤務する介護職員1人です。職員に県外移動歴はなく、今月20日(水)から22日(金)まで訪問介護事業に従事していました。22日に咳やのどの痛み、23日には発熱や頭痛、関節筋肉痛の症状が出たため医療機関を受診し、LAMP検査の結果「陽性」と確認されました。この職員が訪問介護を行った利用者11人が検査中で、この職員と接触した職員7人は全員陰性が確認されたということです。五島市社会福祉協議会富江支所では1月12日、職員1人の感染が確認された後、6日間の休業を終えて19日から事業を再開していましたが、2人目の感染を受けきょうから当面の間事業を再び休止します。