ニュースNEWS

新型コロナ補正予算案 臨時県議会で可決

2021年01月18日

県議会は臨時で本会議を開き、新型コロナ感染拡大防止のため、20日から飲食店などに時短要請するための協力金、約71億円の補正予算案を可決しました。
補正予算の総額は71億354万円あまりです。知事は16日、県内全域の飲食店や遊興施設に対し午後8時から翌朝5時までの営業自粛を20日から来月7日まで要請し、協力金として1店舗あたり76万円支給することを発表しました。財源は8割が国の交付金で賄われ、残り1割を県、1割を市町が負担します。県の実質的な負担は8億952万円あまりです。対象となるのは食品衛生法の営業許可を受けている飲食店などで、県内で1万352店舗と見込んでいます。詳しい申請方法などはなるべく早く県のホームページで公表するということです。相談窓口:095-895-2618(9:00~17:45)