ニュースNEWS

【長崎】中村知事がコロナ特別警戒警報を発令

2021年01月06日

6日は長崎県内で過去2番目に多い43人の新型コロナの陽性者が発表されました。中村知事は長崎県内の感染段階ステージを緊急事態宣言の一歩手前の4に引き上げ、県内全域に特別警戒警報を出しました。中村知事は「『外出を控え』という表現をしていますけれども『自粛』していただきたいという思いです」と話しました。12月30日から1月5日まで1週間の県内の感染者は201人に達し、5日は1日で過去最多の55人の感染が発表されました。市中感染のおそれがある感染経路不明・調査中が全体の3分の1を占め、さらに増加中で、特に長崎市に集中しています。重症者も増え、必要な医療の提供に支障をきたすおそれが拡大しています。初発と考えられる感染事例の内訳は県外からの帰省や県外旅行など県外由来が大半を占めています。これらを踏まえ、知事は長崎県内の感染段階のステージを3から4に引き上げ、県内全域に特別警戒警報を発令しました。県外との不要不急の往来を控え、会食の機会を避けることや、長崎市内での不要不急の外出を控え、人との接触を極力減らすよう呼び掛けています。