ニュースNEWS

長崎で「初雪」観測

2020年12月15日

長崎地方気象台は15日、長崎市で初雪を観測したと発表しました。平年(12月7日)より8日遅く、昨シーズン(2月17日)より64日早い観測です。冬型の気圧配置が強まり、九州北部に強い寒気が南下しています。15日朝の最低気温は、長崎が3.1℃、佐世保が2.9℃、大村が2.5℃など各地で今シーズン最低を記録し、雪が舞いました。外を歩いている人は「寒いですね。一番の寒さみたいで」「風が冷たくてカイロが絶対必要だなと思いました」「寒いですね朝から、きょう下タイツはいてきました、ズボンの下に」など話していました。