ニュースNEWS

長崎西高野球部に21世紀枠県推薦授与式

2020年11月12日

長崎県高校野球連盟は長崎西高野球部に来年春のセンバツ甲子園の21世紀枠の推薦書を授与しました。長崎県内屈指の進学校長崎西は先月の県大会で17年ぶりにベスト4に進出。「学業と部活動を両立させている」ことや「練習時間の確保に苦心しながら努力を重ねている」点などが評価され、21世紀枠の推薦校に選ばれました。今井千凱主将(2年)は「まだまだ発展途上のチームだと思うのでこの冬は自分と向き合いながら精神的にも肉体的にもレベルアップして頑張っていきたい」と話しました。長崎西は1981年夏以来の甲子園出場を目指しています。21世紀枠は12月11日(金)に九州地区8校から1校に絞られ、来年1月29日(金)の選考委員会で全国から3校が選出される予定です。