ニュースNEWS

JICA理事長賞を受賞

2020年10月30日

長年にわたり、ペルーの陸上競技の発展に貢献したとして、長崎市の綿谷章さんがJICA理事長賞を受賞しました。綿谷さんが理事を務める長崎市の福祉施設で表彰式があり、JICA九州の植村所長が、賞状と記念品を手渡しました。綿谷さんは、1980年に青年海外協力隊としてペルーに派遣され、陸上競技の指導に当たりました。その後、長崎で協力隊OBとして25年にわたり国際協力の向上に貢献してきたことが評価されました。現在は、地域のスポーツクラブで理事長を務め、高齢者や障がい者の健康づくりに貢献しているということです。