ニュースNEWS

出火原因は?JR浦上駅前で木造店舗全焼

2020年10月19日

17日午後0時半過ぎJR浦上駅前の「割烹ひぐち浦上本店」の従業員から「天井裏から煙が出ている」と119番通報がありました。国道沿いの長崎市岩川町の割烹店とパチンコ店が入る木造2階建ての店舗およそ1280平方メートルが全焼したほか、隣のかまぼこ店にも燃え移りおよそ860平方メートルを全焼。隣接する鉄筋3階建ての住宅およそ115平方メートルも半焼しました。出火当時、営業中だった割烹店にはおよそ30人、パチンコ店にはおよそ70人の客がいましたが、従業員らの誘導で避難し客と従業員ら合わせて100人以上にけがはありませんでした。通報のおよそ9分後に撮影されたNCC情報カメラの映像を見ると、割烹店とパチンコ店の境目付近から黒煙が立ち上っているのがわかります。間もなく両方の屋根から真っ赤な炎が現れ、北風にあおられるように炎は屋根全体に広がってゆきました。消防車20台が出動し出火からおよそ14時間後の18日(日)午前2時20分にようやく鎮火しました。天井裏から煙がでていたとの通報ですが、割烹店の関係者によると調理場は1階にあったということです。警察と消防は現場の安全が確保でき次第、速やかに合同実況見分を実施し出火原因を調べることにしています。