ニュースNEWS

【長崎】10月 暮らし変わる 酒税法改正

2020年09月30日

10月から税金や制度も変わります。暮らしに関わる主なものをまとめました。まず酒税法の改正です。110円前後という手ごろな価格を強みにしていた「第三のビール」は、大幅な増税となり、約10円の増税となります。これに対しビールは350ミリリットル缶の1本当たり7円の減税になります。発泡酒は麦芽の使用割合によって税率が区分されています。麦芽の比率が25%以上50%未満のものは350ミリリットル缶1本当たり約4円の値下げ。麦芽比率25%未満の発泡酒は変わりません。ワインは750ミリリットルのボトル1本当たり7.5円引き上げられます。日本酒は1.8リットルの一升瓶1本当たり18円の減税です。またたばこ税の増税に伴い、たばこは10月1日から1箱10円から100円の値上げになります。そして10月1日から政府の観光支援策「GoToトラベル」の対象に東京都が追加されます。さらに飲食に使えるポイントが付与される「GoToイート」の予約も始まります。