ニュースNEWS

菅新内閣発足 長崎県内では

2020年09月16日

菅新総理率いる「国民のために働く内閣」。長崎県選出の国会議員の抜擢はありませんでした。初入閣するのは5人と安倍内閣を踏襲した布陣となりました。自民党県連の外間幹事長は県内からの入閣ゼロに無念さをにじませました。(自民党県連外間雅広幹事長)「大臣が出るか出ないかでは予算や施策に大きく影響がありますので大変残念であります」。連立を組む公明党は「安定的」と評価します。(公明党県本部川崎祥司幹事長)「隙間なく今の課題に向き合っていかれるという姿勢の表れを感じるところです」。一方、野党は「安倍政権の継承だ」と冷ややかです。(立憲民主党所属予定赤木幸仁県議)「新しいスタートを切って国民の負託に応えられるよう背中追いと言うか結果を残していかなければならないと思っています」。(社民党県連坂本浩幹事長)「これまでの7年8カ月で格差が拡大し政治の私物化がどんどん進んでますし、その流れを基本的に変えることはないと思っていますので何も期待することはありません」。(共産党県委員会堀江ひとみ副委員長)「変わり映えがしないというか期待ができない内閣だと思っています。政治を変えていくことが県民国民に見える形で発信しながら改めて野党共闘で頑張っていきたい」。長崎市の田上市長は菅新内閣に大きな期待を寄せています。(田上長崎市長)「地方の人の気持ちもすごくご理解いただいているとこれまでも感じていましたので、そういう意味では様々な新しい形での地方のチャレンジもご支援いただけるのではないかなと思っています」。中村知事は地方の実情に詳しい菅総理の就任を祝い、「引き続き地方創生の推進に力を注いでいただけるものと期待している」とコメントしています。