ニュースNEWS

台風10号 長崎県が災害対策本部会議

2020年09月08日

長崎県は対策本部会議で台風10号の県内の被害をまとめました。県庁の各部署や国の出先機関、防災関係団体などで構成した会議では台風10号による人や建物、港湾などの被害や今なお続く停電や断水の状況などが報告されました。各地で発生した停電で上下水道施設が使えなくなったことにより県北を中心に各地で断水が発生。大規模な停電が今なお続く西海市では自家発電などで給水に対応していますが長期化も考慮し、九電に早急な復旧工事を要請していることが報告されました。また病院や高齢者施設など94施設も停電の被害を受けましたがほとんどが復旧しています。また午後2時現在で携帯各社の基地局309局が使えない状態で県内の広範囲で携帯電話がつながりにくい状態だということです。農水産物の被害額は現在調査中です。中村知事は「復旧復興に全力を注いでいきたい」と話しました。