ニュースNEWS

西澤律子写真展「あかるいほうへ2020」

2020年08月19日

世界各地の風景を写した写真展が長崎市で開かれています。中学校の英語教師を辞め、41歳の時にカナダに移り住んだ西澤律子さん(55)。家族や友人への報告のために始めた写真撮影でその魅力に気付き「フォトグラファー」の道を歩み始めました。写真展では、10年間の集大成として約140点を展示しています。西澤さんは「あちこち飛び回りたいけど飛び回れないから状況を見ながら、まだ体力があるうちにもうちょっといろんな国を撮って日本の皆さんにシェアして喜んでもらえたら」と話しました。写真展は長崎県美術館で23日(日)までです。