ニュースNEWS

北村大臣が経済発展の鍵となる重要施設を視察

2020年08月10日

長崎4区選出の北村誠吾まち・ひと・しごと創生担当大臣が今後、県内の経済発展の鍵となる重要施設を視察しました。9日(日)、被爆75年の平和祈念式典にも出席した北村大臣。9日(日)から2日間で九州新幹線長崎ルートの停車駅の1つ新大村駅の建設予定地や県などが誘致を目指す統合型リゾート「IR」の用地、ハウステンボスなど県内7カ所を視察しました。新大村駅は2021年10月に完成予定で、周辺に長崎大学が2020年4月に開設した新しい学部「情報データ科学部」の移転を検討しています。北村誠吾大臣「長崎大学が何をどのように何のためにいつまでにどうしたいと思っておられるのか、はっきりくっきりすっきり把握・認識できるように大学側から説明を受けることが大事」北村大臣は、このほか長崎大学で建設中のBSL4施設なども視察しています。