ニュースNEWS

新上五島町が微細藻類の屋外培養に成功

2020年08月06日

新上五島町は2018年度から進めてきた微細藻類の屋外での大量培養に成功したと発表しました。新上五島町が取り組んでいるのは健康食品や化粧品などの素材として抗がん、抗肥満、美白、しわ防止などの効果で知られる「フコキサンチン」を含む微細藻類の培養です。2018年度から国の補助金を受け旧北魚目中学校の廃校舎で実験に取り組んできました。今後、校舎のグラウンドに約1400平方メートルの装置を作り大量培養に取り組む計画です。微細藻類の培養はこれまで室内での成功例はありますがコスト面などで折り合わず屋外で広い面積を使い培養するのは国内では例がないということです。新上五島は培養に必要な海水が取りやすく、気候が安定しており微細藻類の培養に適しているといいます。商品化や販売などの運営は県内外の有志が出資した株式会社が担い2024年度までに販売額1億4000万円、2026までに36人の雇用を目指しています。