ニュースNEWS

きょうも新たに5人新型コロナ

2020年08月03日

県と長崎市は、長崎市と長与町であわせて5人の新型コロナの感染を確認したと発表しました。クラスターが発生した県立長崎北陽台高校の生徒も含まれています。きょう新たに感染が判明したのは長崎市で10代の男女2人、長与町で10代の男性、40代の女性、年齢性別非公表の3人で、あわせて5人です。いずれも軽症か無症状です。このうち4人は長崎北陽台高校の生徒で、全員、先月30日に感染が判明した20代の男性教諭の接触者です。これで北陽台に関する感染者は教職員が1人、生徒が14人のあわせて15人となりました。県によると、検査対象となった生徒や職員348人の検査を終え、新たに感染が確認された生徒14人の接触者、180人を追加で検査しています。県教委は、校内のクラスター発生を受け、休校期間を17日まで延長しました。授業や部活動など全ての教育活動を中止し、校内への立ち入りも禁じています。一方、午前中に開かれた新型コロナ対策推進会議では医療体制や飲食店におけるクラスター発生防止のための取り組みについて話し合いました。1日に本土地区のフェーズが2から3に上がったことを受け、受け入れる病床を今週末までに現在の90から186に倍増させます。飲食店の環境改善のためには新たに換気設備などハード面の整備に向けた支援策を検討しています。また、接待を伴う飲食店をリストアップし、8月中旬までにチェックシートによる自己点検と、県職員の現地訪問で、ガイドラインの徹底を推進します。また、店舗等で消費者と接する機会が多い事業者を対象とした上限10万円の「新しい生活様式対応支援補助金」について、申請の受け付けを今月14日から10月末まで延期します。