ニュースNEWS

被爆75年原爆死没者名簿の奉安数が確定

2020年08月03日

被爆から75年となる9日の平和祈念式典で奉安される、原爆死没者名簿の奉安数が確定しました。新たに奉安されるのは、この1年間で死亡が確認された被爆者3310人と、被爆体験者など96人、合わせて3406人です。1968年以降の累計は、18万5982人となります。全国の被爆者の平均年齢は今年初めて83歳を超えました。また在日アメリカ大使館は、ヒル首席公使がアメリカ政府の代表として出席すると発表しました。「亡くなった方々を追悼し、平和という両国共通のビジョンを熟慮する機会となる」としています。