ニュースNEWS

大村市の豪雨被害総額は約35億円

2020年07月20日

7月上旬の豪雨被害の総額は大村市だけで約35億円に上ります。「大雨特別警報」が発表された7月6日、大村市では土砂崩れなどが発生し、現在も市道8カ所が通行止めになっています。市全体の被害額は約35億円で、このうち田んぼやハウスへの土砂流入といった農林水産業の被害額が最も高く約16億4500万円に上っています。市長は道路や河川の一時的な復旧のため3億円の補正予算を7月8日付で専決処分しました。園田大村市長「県や国からの財政的な支援もたまわってまいりたい」大村市が管轄する道路や河川の復旧のめどは立っていないということです。