ニュースNEWS

新型コロナ、市中感染に警戒を

2020年07月14日

長崎市内では3日以降、14人の感染者が相次いで確認されていて、長崎市保健所などがそれぞれを行動歴を調べ濃厚接触者らを順次、検査しています。感染源は現在も調査中です。長崎市保健所は、会員制飲食店での濃厚接触者6人や、きのう新たに感染が判明した40代男性の運動サークルのメンバー11人の検査を進めています。クラスターが発生した長崎みなとメディカルセンターでは、毎日150人から200人ほど検査するとしています。長崎市は、改めて新しい生活様式を取り入れた生活、マスク、手洗い、3密回避を呼び掛けています。飲食店の事業者などに対しても、市民が安心できるような店舗の体制作りを求めています。また長崎大学病院は、さきほど、既に感染が判明している実習生の接触者で、自宅待機していた20代の男性医療従事者の陽性が確認されたと発表しました。