ニュースNEWS

県警であおり運転撲滅宣言

2020年07月14日

「あおり運転」厳罰化を受けて、交通安全活動に取り組む協議会が、県警本部で「あおり運転撲滅」を誓いました。県警で宣言したのは県内2436事業所が加入する県安全運転管理協議会の代表です。重大事故に結びつく「あおり運転」を県内からなくそうと撲滅を宣言しました。先月施行された改正道交法では、あおり運転を「妨害運転」と規定し、他の車の通行を妨げる目的での急ブレーキなど10種類の行為を対象としています。県内では改正道交法施行後の先月30日からきのうまでに、すでに8件の通報が寄せられているということです。