ニュースNEWS

新型コロナ患者移送用車両を無料貸出

2020年06月16日

新型コロナの感染防止に役立てます。長崎トヨペットが感染者の移送に使えるよう改良した車を長崎市に無料で貸し出しました。トヨタの「飛沫循環抑制車両」。通常7人乗りを4人乗りにし、後部座席に乗せる感染者側の空気が前の運転席や助手席に乗る医療関係者の方に流れ込まないようにできています。その仕組みは「圧力差」。エアコンを「強」にして前の座席だけに外の空気を入れ続けることで高い圧力を保ち、後部座席の空気の流入を防ぎます。高い圧力差を保つためエアコンの風量のコントロールはできません。また後部座席はエアコンが効かないため暑い時期は「氷水」を置きます。長崎市は新型コロナの疑いのある患者を公用車で移送したこともあるため職員の感染防止と搬送体制の充実に向けて1カ月前から長崎トヨペットに貸し出しを要望していました。長崎トヨペットの馬場政隆社長は「ドライバーの方が精神的なストレスを持ちながら搬送しているという話もありましたので今回の車はそういうストレスを少しでも低減できるのではないか」と話していました。貸し出しは2021年3月までの予定です。