ニュースNEWS

クジラの子ども大救出劇

2020年06月01日

西海市の漁港に子どものクジラが迷い込み救出劇が繰り広げられました。場所は西海市役所の目の前の瀬戸港。迷い込んだのは隊長3メートルほどのコビレゴンドウクジラの子どもです。地元住民の話では5月30日から港の中に迷い込み外に出ることができなくなりました。連絡を受けた九十九島水族館「海きらら」の獣医師らが救出を試みました。クジラは脱水症状があり、6月1日、点滴や薬を投与した後、担架に乗せて沖合に運び放流しました。海きららによるとコビレゴンドウクジラは九州本土ではあまり見かけない種類で衰弱して湾の中に迷い込んだのではないかということです。