ニュースNEWS

長崎市営住宅で81歳女性殺害 78歳男を逮捕

2020年05月07日

 7日未明、長崎市で78歳の男が同じ市営住宅に住む81歳の女性を金づちで殴り殺害した疑いで緊急逮捕されました。2人は室外機の騒音などを巡り度々口論となる「ご近所トラブル」が続いていたことも分かりました。大型連休明けの7日未明に起きた凄惨な事件。JR長崎駅の北北西約4キロ。長崎市錦3丁目の住宅街にある長崎市営中河内団地で事件は起きました。緊急逮捕されたのはこの団地に住む精神疾患のある78歳の無職の男です。午前0時10分ごろ、斜め上の部屋で一人暮らしの無職田平静子さん(81)の部屋に侵入し、金づちで頭を複数回殴り殺害した疑いが持たれています。自分の部屋に戻った男は同居する親族に「人を殴って来た」と話し親族が警察に通報しました。駆け付けた警察官が寝室の畳の上で頭から血を流し仰向けに倒れている田平さんを発見。その場で死亡が確認されました。警察官が駆け付けた時、田平さんの部屋の鍵は締まっていて窓の鍵は開いていたということです。近隣住民は「亡くなった田平さんとは良く話していた。子どもたちによく声を掛けてくれていた」と話しました。容疑者の男については「周りを奇麗にしたがる人、地べたも奇麗に掃いたりよくやっていた」「ものすごく几帳面に色んなことをよくやってくれていた」「2人ともいい方なので、そんないい方がそういうことで争わないといけないのかなってそれが一番悲しい」と話しました。事件の動機は何だったのか。取材を進めると、2人の間で過去にトラブルがあったことが分かりました。玉置佑規記者「ブルーシートがかけられている部屋が殺害された女性の部屋です。そして逮捕された男はこの部屋の斜め下の部屋に住んでいました」近隣住民は「トラブルもあったみたいです。室外機がうるさいっていうトラブルは聞きました」と話します。田平さんのベランダにあるエアコンの室外機の騒音をめぐるトラブルは約2年前。そのあとも最近まで何度か2人が言い争っている様子を見た人が複数いるということです。度々繰り返された2人の口論は団地内の噂になっていました。ただ2年前の騒音トラブルの際、田平さんの隣や上の部屋に住む人は「騒音は特に気にならなかった」と話していたということです。凶器とみられる血の付いた金づちは男の部屋から見つかり、男は駆け付けた警察官に対し「これで殴った」と話したということです。警察の調べに対しては「頭を何回も金づちで叩いて殺したことは間違いありません」と供述しています。浦上署は事件の経緯と共に男の責任能力の有無も含め慎重に調べを進めています。