ニュースNEWS

コロナ治療薬 長崎県内では

2020年05月07日

政府は7日夜、新型コロナウイルス感染症の国内初の治療薬としてレムデシビルを承認します。また安倍総理は今月中にも「アビガン」を承認する考えを示しました。これらの薬、県内の供給状況はどうなのでしょうか?7日夜にも承認される「レムデシビル」はアメリカの製薬会社が開発したウイルスの増殖を抑える効果があるとされる薬です。4日に製薬会社が治療薬として厚労省に特例承認を求めていました。7日午後6時から有識者会議で了承され、今後速やかに承認される見通しです。長崎県によりますとレムデシビルは日本への供給量が少ないとみられ、国が重症患者が多い病院に優先的に配ることになっています。また抗インフルエンザ薬「アビガン」は臨床研究の申請をしている病院のみで新型コロナの治療にも使用が可能で現在、長崎県内でも約10の医療機関が申請を終えているということです。県の中田福祉保健部長は4日の会見で県内の供給状況について「治療薬の供給については特段問題あるとは聞いていません。治験なので必要な薬などについては製薬会社などに申し込みしたら速やかに提供される状況にある」と話しました。7日から一部経済活動が緩和され、来週からは学校活動も再開します。人の流れが増えることで今後、流行の第二波、第三波が訪れることも懸念されますが、県内でもしも私たちが感染してしまったら、どの薬を使ってもらえるのか、副作用と合わせて今後の供給状況も注視していきたいものです。