ニュースNEWS

テイクアウトOKの店(7)トラットリア ウーゴ

2020年04月22日

シリーズでお伝えしているテイクアウトOKの店。22日は夫婦で始めて14年目。新型コロナを乗り切ろうとイタリアンのお店が初挑戦です。長崎市油屋町にある「トラットリアウーゴ」は去年ミシュランガイドにも掲載された人気店です。今回、新型コロナの影響で来客が激減したためオープンして14年目で初めてテイクアウトメニューに挑んでいます。作っているのは「あなご丼」。アナゴの骨を使い、だしから手作りです。お酒を加えながら3時間ほどじっくりと煮詰めて、黒砂糖ときび糖・醤油を加えると「だし」の完成です。アナゴは対馬産のものをまるまる一匹使い、炭火で焼きます。夫婦2人で切り盛りするなか、テイクアウトが始まり妻・綾子さんも大忙し。余分な油を落とし、焼き目が付いたらアツアツご飯にのせて完成です。シェフの大好物でもある「あなご丼」。以前から取り引きのある対馬の漁師さんが販路に困っていることもあり、テイクアウトの看板メニューにしました。このほか、まかない料理をアレンジした特製のカレーや煮込み料理も持ち帰りできます。お店は容器不足のため、自宅にあるお皿や弁当箱を持参すると、盛り付けも対応します。電話受付は月曜日から土曜日の午後1時から。受け渡しは午後4時からです。(営業と並行するため変動有)