ニュースNEWS

【長崎】新規感染者585人 3クラスター発生

2022年05月08日

 長崎県内で新たに585人が新型コロナに感染したと発表されました。2日連続の500人台で連休明けの感染者増加が懸念されます。市町別の内訳は長崎市219人、佐世保市151人、大村市52人、諫早市45人、長与町21人、時津町14人、島原市・雲仙市各12人、南島原市10人、五島市9人、松浦市8人、川棚町7人、新上五島町6人、平戸市5人、対馬市・西海市・佐々町各3人、壱岐市・波佐見町各2人、東彼杵町1人です。このうち「みなし陽性者」は41人です。総数はきのうより7人、先週日曜より244人増え、2日連続の500人台です。県内の新規感染者は先月29日から今月6日(金)まで8日連続、前の週の同じ曜日を下回っていましたが、きのうときょう2日連続で増加に転じました。年代別では10代が最多で164人、20代99人、10歳未満94人、30代77人、40代59人、50代34人、60代21人、70代18人、80代13人、90歳以上が6人です。6日(金)現在の県内の入院患者は前日より2人増え99人、このうち重症は2人で、最大確保病床570床に対する病床使用率は17.4%です。宿泊療養者は前日より16人減り158人、自宅療養者は前日より112人減って2879人となっています。長崎市では新たに3つのクラスターが発生しました。民間の高齢者福祉施設で関係者17人、別の民間高齢者福祉施設でも14人の感染が確認されました。長崎市は利用者などの把握ができているとして施設名の公表をしていません。また長崎市内の地域のスポーツクラブで関係者7人も感染しました。クラブでは連休中に泊りがけで県外に遠征し大部屋で宿泊していました。15日までクラブの活動を休止します。このほか長崎市理財部の20代の女性職員、佐世保市財務部の30代の男性職員、佐世保市農林水産部の20代の男性職員、佐世保市教育委員会の40代の女性職員の感染もそれぞれ発表されました。