ニュースNEWS

【長崎】対馬市で包丁が胸に刺さった状態で男性死亡

2022年05月07日

長崎県対馬市のドラッグストアで男性が胸に包丁が刺さった状態で倒れているのが見つかり、その後死亡が確認されました。7日午前9時50分ごろ、対馬市美津島町のドラッグストアの従業員から「店の敷地内で人が仰向けに倒れ、胸に包丁が刺さっている」と警察に通報がありました。倒れていたのは、このドラックストアのパート従業員で対馬市厳原町今屋敷に住む23歳の男性で、胸に包丁が刺さった状態で仰向けに倒れ、搬送先の病院で約30分後に死亡が確認されました。対馬南署によりますと男性はきょう出勤予定だったということです。警察は周辺の防犯カメラの映像や現場の状況、男性(23)が周囲に自殺をほのめかすような話をしていたという聞き込み情報などから自殺の可能性が高いとしています。